かぼちゃの馬車問題2

旧スマートライフのかぼちゃの馬車、スルガ銀行とタッグを組んで一時は飛ぶ鳥を落とす
勢いで急成長していたが、やはり破綻した。

素人が考えてもわかる簡単なことだ。
30年一括借上げでサブリース(家賃保証)をするなんて、どう考えても無理!
しかもただでさえ、供給過多で賃貸物件が余っているというのに、1年に数千室という
ハイペースで物件を建てたところで、ポンポンと入居者なんて決まるものではない。
ましてや30年も新築時と同じ賃料でずっと貸し続けることができるはずもない。

しかし、夢物語だけを暗示のように聞かせられたサラリーマンは、もはや冷静な判断は不可能。
始めから終わりまでローン保証をしてくれるなら、リスクなんてゼロ! と錯覚してしまう。

いったいこの問題はどのようにして終結を迎えるのだろう?